Top > 新聞製作プラグインの紹介 > 開発背景と製品コンセプト
新聞製作プラグインバナー

開発背景と製品コンセプト

見出し1

本製品は、イワタがこれまで多くの新聞社に新聞書体やフォント作成ツールを納入してきた実績と経験をもとに、新聞製作業界の声を反映する製品として自社開発したものです。
新聞業界の中でも、特に地方紙、業界紙、広報紙などの製作現場からは、専用システムではなく汎用ソフトウェアをベースに、コストを抑えた、操作性のいい新聞製作システムが求められていました。また、専用システムで作成されたデータは、他ファイルフォーマットへの変換や移行に手間がかかり、新聞データの再利用の側面からも何らかの対応策が必要とされていました。
DTPソフトとして高いシェアを占めるInDesignは、高度な編集機能と多種多様なデジタルフォーマットに対応したデータ書き出し機能を有する一方で、新聞組版に求められる機能を必ずしも搭載していないため、新聞製作の現場では、その操作性が高いハードルとなるケースがありました。
これらのニーズに応えて、InDesignの多様な機能を活かしつつ容易な新聞組版を実現する「イワタ新聞製作プラグイン」が開発されました。

見出し2

専用機のように、あらゆる作業をサポートする高価なプラグインになることを避け、InDesign単体の機能では難しい作業のサポートに特化することで、低価格なプラグインを目指しました。
本製品では、手間のかかる作業である記事の「流したたみ」を簡易化することで、オペレーターの負担を軽減し、作業効率の向上を目指しました。また、作業用PC内の記事や画像のコンテンツ使用状況を一覧できることで、素材の管理を簡単にしました。